顔文字百人一首<No.002>
 
 
 【No.002】
春すぎて    (はるすぎて)
夏来にけらし  (なつきにけらし)
白妙の     (しろたえの)
衣ほすてふ   (ころもほすちょう)
天の香具山  (あまのかぐやま)
 【作者】
持統天皇 (じとうてんのう)
※性別:女性

第41代天皇。
天智天皇の第二皇女。
 【意味】
春は過ぎ去って、もう夏が来たのね。

天の香具山って、
夏になると
白い夏用の着物を干す習慣があるそうだけど、

今見たら、
あちこちに白い着物が干してあるのが見えるわ。
 【顔文字劇場】
/~\┣凹━凹━凹┫

  <(・∀・*)オヤマー
  もう夏が来たのね

(¬_¬)ジトー天皇

  d(゚∇゚;)すごく、
  性格悪そうなんですけど!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ