顔文字百人一首<No.004>
 
 
 【No.004】
田子の浦に     (たごのうらに)
うち出でて見れば  (うちいでてみれば)
白妙の        (しろたえの)
富士のたかねに  (ふじのたかねに)
雪は降りつつ    (ゆきはふりつつ)
 【作者】
山部赤人 (やまべの・あかひと)
※性別:男性
 【意味】
田子の浦の海岸に出て見上げたら、
白い雪をかぶった富士山の姿が
目に飛び込んできた。

富士山の高い所では、
今でも雪が降っているんだねぇ。
 【顔文字劇場】
。゚/~\゚。゚
     <(・∀・*)
      雪かぁ♪

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ