顔文字百人一首<No.005>
 
 
 【No.005】
奥山に      (おくやまに)
紅葉踏み分け  (もみじふみわけ)
鳴く鹿の     (なくしかの)
声聞くときぞ   (こえきくときぞ)
秋は悲しき    (あきはかなしき)
 【作者】
猿丸大夫 (さるまるだゆう、さるまるのたいふ)
※性別:男性
 【意味】
人里離れた山奥で、
一面に散った紅葉を踏み分け歩いてたら、
どこからかオス鹿の鳴き声が聞こえてきた。

誰か俺と結婚してくれぇー。

そんな情けない声聞いたら、
秋の寂しさがしみてきて、
なんだか自分まで悲しくなってきたよ。
 【顔文字劇場】
もみじ狩り〜♪
★ヽ(゚∇゚*)ノ★

      Ψ・エ・Ψケーン

鹿もつらいんだね
(つ∀T*)ホロリ

────────────

ちなみに、
オイラの名前は、
σ(・∀・) 猿丸だゆー!

ヽ@(・ェ・)@ノ ウキー!ウキー!
 ウキッキー!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ