顔文字百人一首<No.006>
 
 
 【No.006】
鵲の        (かささぎの)
渡せる橋に    (わたせるはしに)
置く霜の      (おくしもの)
白きを見れば   (しろきをみれば)
夜ぞ更けにける (よぞふけにける)
 【作者】
中納言家持 (ちゅうなごん・やかもち)
※性別:男性

大伴家持 (おおともの・やかもち)のこと。
「万葉集」の編者の一人
 【意味】
七夕の夜には、
かささぎが天の川に橋をかけるんだって。

まるでその天の橋のような宮中の階段に、
霜が降りて真っ白くなっているのを見ている間も、
夜は更けていくんだね。
 【顔文字劇場】
カササギが〜、夜なべ〜をして、
橋を作ってくれた〜♪

  へ<^)へ
※┏┳┳┳┳┓※
※※※※※※※※
  ヽ(゚∇゚*)キレイ

おっと、夜が更けちゃう!
早く寝なくちゃ…
(+.+)(-.-)(_ _)zzZZ

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ