顔文字百人一首<No.010>
 
 
 【No.010】
これやこの    (これやこの)
行くも帰るも   (いくもかえるも)
別れては     (わかれては)
知るも知らぬも (しるもしらぬも)
逢坂の関     (おうさかのせき)
 【作者】
蝉丸 (せみまる)
※性別:男性
 【意味】
これが、あの有名な、
都から東国へ行く人や、都に帰ってくる人が
ここで別れても、
それがたとえ互いに知っている人であろうと、
知らない人であろうと、
再び逢えるという、
その名の通り、
逢坂(あう・さか)の関なんだね。
 【顔文字劇場】
  ほんとに会えた!
  (*゚∇゚)ノ ヽ(゚ー゚*) やあ
┏┳┳┳┳┳┳┳┳┓逢坂の関

────────────────

ミーン |ε\з| ミンミンミン♪

もしかして、
(*゚∇゚)/ セミ?

    <(^◇^)>マル!
      ↑
     セミ丸

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ