顔文字百人一首<No.016>
 
 
 【No.016】
立ち別れ     (たちわかれ)
いなばの山の  (いなばのやまの)
峰に生ふる    (みねにおうる)
まつとし聞かば (まつとしきかば)
今帰り来む    (いまかえりこむ)
 【作者】
中納言行平 (ちゅうなごん・ゆきひら)
※性別:男性

在原行平 (ありわらの・ゆきひら)のこと。
在原業平(ありわらの・なりひら)の兄。
阿保親王の第二子。
平城天皇の孫。
 【意味】
君と離れて因幡の国に行くけど、
因幡の山の峰に生えてる松が
「まつ」という名前であるように、
君が私を待ち焦がれ寂しがっていると聞けば、
すぐに飛んで帰ってくるよ。
 【顔文字劇場】
     君が待ってると思ったから
     急いで帰って来たよ♪
     ヾ(゚∇゚*)=3

(;σ_σ)え〜、
もう帰ってきたの?

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ