顔文字百人一首<No.019>
 
 
 【No.019】
難波潟       (なにわがた)
短かき芦の    (みじかきあしの)
節の間も      (ふしのまも)
逢はでこの世を  (あわでこのよを)
過ぐしてよとや  (すぐしてよとや)
 【作者】
伊勢(いせ)
※性別:女性

伊勢守藤原継蔭(ふじわらのつぐかげ)の娘。
 【意味】
難波潟に生えているアシの短い節の間のような
ほんのわずかの時間でさえ、
私に会ってくれず、
ひとりでこの世を過ごせというのは、
余りにもひどすぎる仕打ちじゃないの?
 【顔文字劇場】
(メσ∇σ) なんで、
わずか5分でも、
会ってくれないのよ!

    (T_T;) だって君は
    僕の好みじゃないんだもの。
    イセー(伊勢)が良すぎるし!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ