顔文字百人一首<No.022>
 
 
 【No.022】
吹くからに     (ふくからに)
秋の草木の    (あきのくさきの)
しをるれば     (しおるれば)
むべ山風を     (むべやまかぜを)
あらしといふらむ (あらしというらむ)
 【作者】
文屋康秀 (ふんやの・やすひで)
※性別:男性

文屋朝康(あさやす)の父。
 【意味】
山から吹いてくる風を浴びると、
秋の草はしおれちゃうし、
木の葉も散っちゃう。

そうか、だから山から吹いてくる風は、
「嵐」と書いて、「荒らし」と言うんだね。
 【顔文字劇場】
/~\彡彡彡ビュー!

ヾ|〃しなしなヽ|ノ
_ _    _ _
   ぐったり

U・x・U ワンワン!

あっ、ラッシー!
(*゚ー゚)b 嵐♪

(-_-;)ゞ今じゃ
名犬ラッシー知ってる人、
少ないと思うよ!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ