顔文字百人一首<No.024>
 
 
 【No.024】
このたびは     (このたびは)
ぬさもとりあへず (ぬさもとりあえず)
手向山       (たむけやま)
紅葉のにしき   (もみじのにしき)
神のまにまに   (かみのまにまに)
 【作者】
菅家(かんけ)
※性別:男性

菅原道真 (すがわらの・みちざね)のこと。
菅家(かんけ)は尊称。
 【意味】
今度の旅の出発は急だったので、
お供えを用意する暇がありませんでした。

替わりに、
手向山の錦織りなす美しい紅葉の景色を
お供えします。

どうか神の御心のままに、お受け取り下さい。

※ぬさ
=旅の無事を祈願して神へお供えする捧げもの
 【顔文字劇場】
\(・∀\)カミヨー♪
  (/∀・)/カミヨー♪

 今回は、モミジで許してください
 (*TーT)ノ★

      乂( ̄へ ̄メ)バツ!
     手抜きは許さん!
     菅家だろうと関係ない!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ