顔文字百人一首<No.026>
 
 
 【No.026】
小倉山      (おぐらやま)
峰の紅葉葉   (みねのもみじば)
心あらば     (こころあらば)
今ひとたびの   (いまひとたびの)
みゆき待たなむ (みゆきまたなむ)
 【作者】
貞信公 (ていしんこう)
※性別:男性

藤原忠平 (ふじわらの・ただひら)のこと。
関白藤原基経の四男。
 【意味】
小倉山の峰を彩る紅葉の葉っぱよ。
この景色を見せたい人がいるから、
もし哀れみの心があるのなら、
もう一度来るまで、
散らずに待っていてくれないだろうか?
 【顔文字劇場】
(★∀★)(☆_☆) モミジング娘。
(☆_☆)(★∀★) 今が真っ盛りよん♪

   ヾ(・∇・;)ねぇねぇ
   今度来るときまで
   散らないでいてよ

(★◇★) イヤ!
だって、
自然の摂理に反するもん!

    (・∀・;)ゞだよねぇ

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ