顔文字百人一首<No.028>
 
 
 【No.028】
山里は       (やまざとは)
冬ぞさびしさ    (ふゆぞさびしさ)
まさりける      (まさりける)
人目も草も     (ひとめもくさも)
かれぬと思へば  (かれぬとおもえば)
 【作者】
源宗于朝臣 (みなもとの・むねゆきあそん)
※性別:男性

源宗于 (みなもとの・むねゆき)のこと。
光孝天皇(第58代天皇)の孫。
是忠親王の子。
 【意味】
山里に住んでいると、
冬は特に寂しさが感じられるよ。

訪ねて来てくれる人もいなくなるし、
草木も枯れちゃうし。
 【顔文字劇場】
<(・∀・)> 暇だなぁ〜
誰か来ないかなぁ〜

   ヾ(゚▽゚*) ありえないと思うよ

(;・◇・)ノ え〜?
ぬわぁんでぇ〜?

    (゚ー゚;)ゞだって
    超山奥なんだもん!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ