顔文字百人一首<No.029>
 
 
 【No.029】
心あてに     (こころあてに)
折らばや折らむ (おらばやおらむ)
初霜の      (はつしもの)
置きまどはせる (おきまどわせる)
白菊の花     (しらぎくのはな)
 【作者】
凡河内躬恒 (おおしこうちの・みつね)
※性別:男性
 【意味】
あてずっぽうに折ってみたら、折れるかな。

初霜が降りて、どれが白菊なのか、霜なのか、
見分けが付かないけど。
 【顔文字劇場】
※@※@※@※@※
※@※@※@※@※

@_(・∇・;)うーん
  白菊はこれかな?

  (-_-メ) コラコラ
  花壇の花を
  折るんじゃない!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ