顔文字百人一首<No.030>
 
 
 【No.030】
有明の      (ありあけの)
つれなく見えし  (つれなくみえし)
別れより     (わかれより)
暁ばかり     (あかつきばかり)
憂きものはなし  (うきものはなし)
 【作者】
壬生忠岑 (みぶの・ただみね)
※性別:男性
 【意味】
君との別れの時、
夜明けの空に月が残ってて、
薄情に見えた。

あの時から、
夜明けの月ほどつらく感じられるものは無いよ。
 【顔文字劇場】
(σ∇σ)/~~バイバイ

● (TーT*)フッ
  夜明けの月か。。

別れの象徴として、
これほど憂きものは無し

  @(o・ェ・o)@
   ウキィー!
    ↑憂きモノ

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ