顔文字百人一首<No.031>
 
 
 【No.031】
朝ぼらけ   (あさぼらけ)
有明の月と (ありあけのつきと)
見るまでに (みるまでに)
吉野の里に (よしののさとに)
降れる白雪 (ふれるしらゆき)
 【作者】
坂上是則 (さかのうえの・これのり)
※性別:男性

武将、坂上田村麻呂の四代目の孫。
坂上望城(もちき)の父。
 【意味】
東の空がぼんやり明るくなリ始める頃、
外がなんだか明るかった。

まだ空に月が残っているんじゃないかな
と思って、
戸を開けて見たら、
この吉野の里に真っ白な雪が降り積もってた。
 【顔文字劇場】
  ミ (゚ー゚)ん?彡
なんか外が明るいな

    ガラッ!
 ━┫ヽ(゚∇゚)ノ┣━
   うわぁ! 雪だ〜♪
※※※※※※※※※※
※※※※※※※※※※


今朝も朝ぼらけ
(゚ー゚)~゚ポケー

   d(-◇-;)それは
        朝ぼけ!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ