顔文字百人一首<No.032>
 
 
 【No.032】
山川に     (やまがわに)
風のかけたる (かぜのかけたる)
しがらみは   (しがらみは)
流れもあへぬ  (ながれもあえぬ)
紅葉なりけり  (もみじなりけり)
 【作者】
春道列樹 (はるみちの・つらき)
※性別:男性
 【意味】
山の谷川に、風が作った自然のせきがあったよ。

それは、風で散って流れずにいる紅葉だったよ。

※しがらみ
=川の流れをせき止めるために、川の中にくいを並べて打って、木の枝や竹などを横に結んで作った柵
 【顔文字劇場】
 サラサラサラ♪
彡ミ★★★彡彡彡

彡ミ★★θ_(・∇・*)エイ!
   川の流れを妨げちゃいけないよ!

   ヾ(゚◇゚;) コラコラ

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ