顔文字百人一首<No.036>
 
 
 【No.036】
夏の夜は    (なつのよは)
まだ宵ながら  (まだよいながら)
明けぬるを   (あけぬるを)
雲のいづこに (くものいずこに)
月宿るらむ   (つきやどるらむ)
 【作者】
清原深養父 (きよはらの・ふかやぶ)
※性別:男性

清少納言の父である清原元輔の祖父。
 【意味】
夏の夜は短いから、
まだ宵の口だと思っていたら、
もう夜が明けちゃったよ。

雲のどのあたりに
月が隠れてるんだろうね。
 【顔文字劇場】
※●※※※※
※※※※※※
  <(゚∇゚*) う〜ん
  月はどこかな?

月なんかどうでもいいだろ!
それよりも、
▼ヽ(T∇T*) 酒酒酒♪
  グハァ〜、ヒック

(;゚ー゚)b
ツキに見放されて深酒

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ