顔文字百人一首<No.037>
 
 
 【No.037】
白露に      (しらつゆに)
風の吹きしく   (かぜのふきしく)
秋の野は     (あきののは)
つらぬきとめぬ (つらぬきとめぬ)
玉ぞ散りける   (たまぞちりける)
 【作者】
文屋朝康 (ふんやの・あさやす)
※性別:男性

父親は、六歌仙・中古三十六歌仙の一人である文屋康秀(やすひで)。
 【意味】
草の葉に降りた白露に風が吹き寄せる、
そんな秋の野を見てた。

糸を通してつなぎとめられないから、
水晶の球のような露が散っていくよ。
 【顔文字劇場】
   ビュビュ〜
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡

〃ヾ|〃ヾ|〃ヾ|〃ヾ|
ヾ|〃ヾ|〃ヾ|〃ヾ|〃

○彡 ミ○ ○彡 ○
 ミ○ ○彡 ミ○

          コロコロコロ
        〜○ 〜○ 〜○

ε=(ノ゚∇゚)ノ 水晶だ♪
   待てぇー!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ