顔文字百人一首<No.043>
 
 
 【No.043】
逢ひ見ての  (あいみての)
後の心に   (のちのこころに)
くらぶれば   (くらぶれば)
昔は物を    (むかしはものを)
思はざりけり (おもわざりけり)
 【作者】
権中納言敦忠 (ごんちゅうなごん・あつただ)
※性別:男性

藤原敦忠 (ふじわらの・あつただ)のこと。
藤原時平(ときひら)の三男。
 【意味】
あなたと会った後に感じる
この恋しい気持ちに比べたら、
あなたに会えることを願ってた頃の苦しさなんて、
物思いしてないのと同じだよ。
 【顔文字劇場】
現代では。。。

(*T◇T)/~~~バイバイ
恋しいよぉ

10秒後…

(・∀・)[]モシモーシ♪
   今からあそぼ!

別の恋人に即電話…

   ヾ(-_-;)風情の
    かけらもないですな!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ