顔文字百人一首<No.046>
 
 
 【No.046】
由良の門を   (ゆらのとを)
渡る舟人    (わたるふなびと)
かぢを絶え   (かじをたえ)
ゆくへも知らぬ (ゆくえもしらぬ)
恋の道かな   (こいのみちかな)
 【作者】
曽禰好忠 (そねの・よしただ)
※性別:男性
 【意味】
由良川の河口を舟で渡る船頭が、
カイをなくして漂流してる。

私も、あの舟のように、
行方のわからない恋をしてるんだよなぁ。
 【顔文字劇場】
(^ー^)〆 ドンブラコッコ、ドンブラコ♪
〜〜〜〜〜〜

(^∇^;)ゞあれれ?
カイなくしちゃった!
どうしよう。。。

      (T_T*) フッ
      私の恋と同じだね
      どこにもたどり着けない…

   d(゚ー゚メ) オイオイ
   何寝ぼけたことほざいてるんだ?
   船頭のくせに、
   カイをなくす奴が悪い!
   船頭失格だ!

     ヾ(-_-;) いやいや
     そういう事じゃなくてぇ〜

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ