顔文字百人一首<No.047>
 
 
 【No.047】
八重むぐら   (やえむぐら)
しげれる宿の (しげれるやどの)
さびしきに   (さびしきに)
人こそ見えね (ひとこそみえね)
秋は来にけり (あきはきにけり)
 【作者】
恵慶法師 (えぎょうほうし)
※性別:男性
 【意味】
雑草が幾重にも生い茂っているこの荒れ屋敷は、
とても寂しいたたずまいなので、
誰も訪ねて来ないよ。

でも秋だけは、しっかり来るんだよなぁ。
 【顔文字劇場】
ヾ|〃ヾ|〃ヾ|〃ヾ|〃ヾ|〃ヾ|〃ヾ|〃
ヾ|〃ヾ|〃 イ何回何ト ヾ|〃ヾ|〃

<(T_T)> 寂しいよぉ〜
誰か来ないかなぁ〜
荒れ屋敷だから誰も来ないのかなぁ〜

     (・∀・)ゞあのね、
     人が来ないのは、
     屋敷のせいじゃなくて、
     あんたが
     営業・奉仕(恵慶法師)しないから!

Σ(T◇T;) ガーン!
そうだった!
誰にも知らせてなかった!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ