顔文字百人一首<No.049>
 
 
 【No.049】
みかき守     (みかきもり)
衛士のたく火の (えじのたくひの)
夜はもえ     (よるはもえ)
昼は消えつつ  (ひるはきえつつ)
物をこそ思へ   (ものをこそおもえ)
 【作者】
大中臣能宣朝臣
(おおなかとみの・よしのぶ・あそん)
※性別:男性

大中臣能宣 (おおなかとみの・よしのぶ)のこと。
 【意味】
門番の兵士がたくかがり火で、
夜は赤々と燃え上がっていたのに、
昼間はひっそりと消えそうになっている。

それを見ると、
まるで私たちの恋のように思えてなりません。

※みかき守=宮中の門を守る兵士
 【顔文字劇場】
       我が恋は炎のように燃えている!
       (炎∀炎) メラメラメラ

火事だぁ!
ミズミズ!ザッパーン♪
(*゚∀゚)ノ彡∬(>_<;) イヤン、消さないでぇ〜!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ