顔文字百人一首<No.053>
 
 
 【No.053】
嘆きつつ     (なげきつつ)
ひとり寝る夜の (ひとりねるよの)
明くる間は    (あくるまは)
いかに久しき   (いかにひさしき)
物とかは知る  (ものとかはしる)
 【作者】
右大将道綱母
(うだいしょう・みちつなのはは)
※性別:女性

蜻蛉(かげろう)日記の作者。
藤原道綱の母で、藤原兼家の妻。
 【意味】
あなたが来てくれない夜は、
嘆き悲しみながら一人寂しく過ごしてるのよ。

そんな夜は、
夜が明けるまでとても時間が長く感じるわ。

あなたはそのことを知ってるのかしら?
 【顔文字劇場】
今晩はあの人、来てくれないんだわ…
なんか寝付けない
{[(T_T*)]} まだ22時
{[(T_T*)]} まだ23時
{[(T_T*)]} まだ0時
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
{[(T_T*)]} まだ5時

一方、相手は
[(~Q~)}] ぐぉーーー
そんなことは全く知らない

-------------------------------

(*゚ー゚)ノ
道綱の母ってさ
名前が無いのかな?

    (・∀・) そうだね
    いちいち、
    「道綱の母」って呼ぶの面倒だね

(*゚∇゚)b そもそも
摂政の兼家と結婚してるなら、
「摂政兼家の妻」と名のるべきだよね。

    <(・∀・)> 噂によると、
    夫婦仲悪かったみたいだよ。

(゚◇゚)ゞ なーるほど!
納得しました!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ