顔文字百人一首<No.054>
 
 
 【No.054】
忘れじの    (わすれじの)
行末までは  (ゆくすえまでは)
かたければ  (かたければ)
今日を限りの (きょうをかぎりの)
命ともがな   (いのちともがな)
 【作者】
儀同三司母 (ぎどう・さんしのはは)
※性別:女性

儀同三司(藤原伊周:ふじわらのこれちか)の母。
藤原道隆の妻
 【意味】
「いつまでも君のことを忘れないよ」
ってあなたは言ったけど、
永遠に変わらないなんてありえない。

だから、
いっそのこと今日限りで、
私の命が終わらないかしら。
 【顔文字劇場】
(*σ◇σ)_4 キラリ
あなたは、どうせ浮気するから、
今ここで死ぬわ!

    ヾ(T◇T;) オイオイ
    早まるなってば!
    絶対浮気しないよ!

d(゚∇゚*) これって、
脅迫ですか〜?

(・_・;) こういう悲観的な人って怖いねぇ…
いくら自殺をほのめかして相手を脅しても、
愛をつなぎとめることなんて
絶対にできないのに。

--------------------------------

(゚ー゚)ゞところで
儀同三司の母って、
やっぱり、名前が無いのかな?

(・_・)うーん
「道綱の母」に対抗したのかも!
夫の道隆、無名でもあるまいに

(*゚∇゚)ノ昔も多かったんだよ、
息子の威を借りる母!

<(・◇・)> 単に息子離れできない母!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ