顔文字百人一首<No.057>
 
 
 【No.057】
めぐりあひて   (めぐりあいて)
見しやそれとも (みしやそれとも)
わかぬ間に   (わかぬまに)
雲がくれにし   (くもがくれにし)
夜半の月かな  (よわのつきかな)
 【作者】
紫式部 (むらさきしきぶ)
※性別:女性

源氏物語の作者。
越前守藤原為時の娘。
藤原宣孝の妻。
 【意味】
あなたは、
たまたまめぐり逢って見ることができても、
それが月かどうかも分からないうちに
雲隠れしてしまう、夜中の月のようです。

久しぶりにあなたと会えたのに、
すぐにあなたは、帰ってしまった。
残念だわ。
 【顔文字劇場】
※●※※※※※※※
※※※※※※※※※

  ε=(ノ・∇・)ノ こんばんは!

ヽ(・∇・ヽ)=3 じゃ、またね!

    d(゚ー゚;) いったい彼は、
    何しに来たのかしら?

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ