顔文字百人一首<No.058>
 
 
 【No.058】
有馬山     (ありまやま)
猪名の笹原  (いなのささはら)
風吹けば    (かぜふけば)
いでそよ人を  (いでそよひとを)
忘れやはする (わすれやはする)
 【作者】
大弐三位 (だいにの・さんみ)
※性別:女性

紫式部の娘
 【意味】
有馬山の近くにある猪名の笹原に風が吹けば、
笹の葉がそよそよと音を立てますよね。

それと同じで、
どうしてあなたをのことを
忘れたりするものですか。
 【顔文字劇場】
           ピューピュー
ヾ|〃ヾ|〃ヾ|〃ヾ|〃彡彡彡彡
  サラサラサラ

(-_-)ヾ(゚ー゚;) ねぇ
  最近冷たくない?

(;-_-)ノ(゚ー゚;)
君のほうこそ
冷たいんじゃないの?

   ナーンダ!
ホッ (-∇-)(゚∇゚) ホッ

  互いに遠慮してた
  (-◇-)人(゚◇゚)
   アハハハハ

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ