顔文字百人一首<No.062>
 
 
 【No.062】
夜をこめて   (よをこめて)
鳥の空音は  (とりのそらねは)
はかるとも   (はかるとも)
よに逢坂の  (よにおうさかの)
関はゆるさじ (せきはゆるさじ)
 【作者】
清少納言 (せいしょうなごん)
※性別:女性

枕草子の作者。
父は清原元輔(きよはらの・もとすけ)。
曾祖父は清原深養父(ふかやぶ)。
 【意味】
夜が明けないうちに、
ニワトリの鳴き声のマネをしてだまそうとしても、
逢坂の関は開かないし、
私があなたに会うこともないでしょう。
 【顔文字劇場】
\Σ^)/コケコッコー

コケー、ゴホゴホ
\ΣT)/むせた!

(メ ̄◇ ̄)/
  咳は許さじ!(関は許さじ)

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ