顔文字百人一首<No.064>
 
 
 【No.064】
朝ぼらけ     (あさぼらけ)
宇治の川霧   (うじのかわぎり)
たえだえに    (たえだえに)
あらはれわたる (あらわれわたる)
瀬々の網代木  (せぜのあじろぎ)
 【作者】
権中納言定頼 (ごんちゅうなごん・さだより)
※性別:男性

藤原定頼 (ふじわらのさだより)のこと。
大納言藤原公任(きんとう)の子
 【意味】
夜がほのぼのと明ける頃、
宇治川に立ち込めていた霧が
ようやく晴れて来た。

次第に、
川の浅瀬に仕掛けられた網代木の姿が、
あちこちで現れて来たよ。

※網代木=魚をとるために川の瀬に設置する竹や木で作った仕掛け用の杭
 【顔文字劇場】
おっ!霧が晴れてきたぞ!
^(゚∇゚*)(*゚∇゚)^ キョロキョロ

ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡
※※■※※■※※■※※
ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡
※※■>゚)))彡■※※■※

魚めっけ!
 (*゚∇゚)ノノ>゚)))彡ピチピチ

    ヾ(-_-メ) コラコラ
     勝手に持って行くな!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ