顔文字百人一首<No.067>
 
 
 【No.067】
春の夜の     (はるのよの)
夢ばかりなる  (ゆめばかりなる)
手枕に      (たまくらに)
かひなく立たむ (かいなくたたむ)
名こそ惜しけれ (なこそおしけれ)
 【作者】
周防内侍 (すおうのないし)
※性別=女性

周防守平棟仲の娘
 【意味】
春の夜に見るはかない夢のように、
ちょっとふざけてあなたの腕枕で眠ったりしたら、
あなたの親切のかいも無く、
変な噂が立っちゃうでしょ。

そしたら悔しいじゃないの。
 【顔文字劇場】
(*σ∇σ)ノねぇ
枕貸して!

     枕は無いけど、
     私の腕を代わりにどうぞ!
     ┗(゚∇゚*)┓

(*σ∀σ) そう?
じゃあお願い!

┗(_- )(゚∇゚;) シ、シビレてきた〜
スピー

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ