顔文字百人一首<No.069>
 
 
 【No.069】
嵐吹く     (あらしふく)
三室の山の (みむろのやまの)
紅葉葉は   (もみじばは)
竜田の川の (たったのかわの)
錦なりけり  (にしきなりけり)
 【作者】
能因法師 (のういんほうし)
※性別=男性
 【意味】
嵐がふいた後の三室の山は、
紅葉の葉が竜田川の一面に散って、
まるで錦の織物のような美しだったよ。
 【顔文字劇場】
★★★★★★★★★★★★
彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ

     ★ヽ(゚∇゚*)ノ★
     僕の場合、
     木の葉のモミジより
     食べられるモミジ饅頭の方が
     いいなぁ〜!

(-_-)ゞハイハイ
葉っぱより饅頭ね!

     ムシャムシャ
      <★∇゚*) そりゃぁ
     無理すりゃ
     モミジだって食べられるけどね〜

オイ!
(;-◇-)/<★∇゚*) ムシャムシャ
ほんとにモミジ食うな!
マジ死ぬぞ!

     ★ヽ(゚∇゚*) マズーイ、もう一枚!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ