顔文字百人一首<No.070>
 
 
 【No.070】
さびしさに    (さびしさに)
宿を立ち出でて (やどをたちいでて)
ながむれば    (ながむれば)
いづこもおなじ  (いずこもおなじ)
秋の夕暮れ   (あきのゆうぐれ)
 【作者】
良暹法師 (りょうぜんほうし)
※性別=男性

比叡山の僧
 【意味】
あまりにも寂しくなって、
我が家の外に出て、
あたりを眺めまわしてみた。

でも、
結局どこも同じような寂しい景色なんだな、
秋の夕暮れというものは。
 【顔文字劇場】
うーむ   うーむ
<(゚∇゚*)三(*゚∇゚)>

d(゚∇゚*)なーんだ!
やっぱりどこも
同じ景色じゃないか!

(-_-;)ゞそりゃ、
住宅地だからねぇ

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ