顔文字百人一首<No.071>
 
 
 【No.071】
夕されば    (ゆうされば)
門田の稲葉   (かどたのいなば)
おとづれて   (おとずれて)
芦のまろやに (あしのまろやに)
秋風ぞ吹く   (あきかぜぞふく)
 【作者】
大納言経信 (だいなごん・つねのぶ)
※性別=男性

源経信 (みなもとの・つねのぶ)のこと。
源俊頼(としより)の父
 【意味】
夕方になると、
家の前の田んぼに秋風が訪れて、
稲の葉音を立てるよ。

芦ぶきのこの家の中にも
秋風が吹き込んでくるよ。

※まろや(丸屋)=葦(あし)や茅(かや)などで、簡単に屋根を葺(ふ)いた粗末な家のこと。
 【顔文字劇場】
 サラサラサラ
ミ彡θθθθミ彡
 ミ彡θθθθミ彡
 稲の音は風流で
 いいよねぇ〜
 d(゚∇゚*) 日本の秋って感じ♪

ビュー ビュー ビュー
ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡
 {{{{(゚ー゚;)}}}}ブル

 やっぱ、
 芦の家じゃ寒いねぇ〜
 芦の家でアシカラズ!
 なんちって
 d(゚∇゚*)☆\(-_-メ) アッシの家だ!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ