顔文字百人一首<No.073>
 
 
 【No.073】
高砂の       (たかさごの)
尾上のさくら    (おのえのさくら)
咲きにけり     (さきにけり)
外山のかすみ   (とやまのかすみ)
たたずもあらなむ (たたずもあらなむ)
 【作者】
前中納言匡房 (さきのちゅうなごん・まさふさ)
※性別=男性

大江匡房 (おおえの・まさふさ)のこと。
大江匡衡(まさひら)と赤染衛門(あかぞめえもん)のひ孫。
 【意味】
あの高い山の上の方にある桜も咲いたね。

手前の人里近くの山に霞が立たなければいいな。

あの桜が見えなくなっちゃうから。
 【顔文字劇場】
/~\桜ミ彡ミ霞

    <(T◇T;)霞で
    桜が見えないぞ!

    霞なんて、
    カスみたい!
    d(^∀^*)なんてね

----------------------------

ヽ(゚◇゚*)ノ あのさぁ!
霞が立ったら山に登って、
桜を見に行けばいいじゃないか!

だから、
上流社会の奴らは嫌なんだよな!
すましやがって!

勝ち組がなんだ!
カスで悪かったな!
下層階級で悪かったな!
ハァハァハァ
ヾ(゚◇゚メ)ヾ(-_-;) まぁまぁ、落ち着け

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ