顔文字百人一首<No.076>
 
 
 【No.076】
わたの原       (わたのはら)
こぎいでてみれば  (こぎいでてみれば)
久方の        (ひさかたの)
雲いにまがふ    (くもいにまがう)
沖つ白波       (おきつしらなみ)
 【作者】
法性寺入道前関白太政大臣
(ほっしょうじにゅうどう・さきのかんぱく・だいじょうだいじん)
※性別=男性

藤原忠通 (ふじわらの・ただみち)のこと。
父は藤原忠実(ただざね)、
弟は藤原頼長(よりなが)。
 【意味】
大海原に船を漕ぎ出して
まわりを見渡してみたら、
遠くの沖のほうに、
雲と見間違えるほどの
白い波が立ってるのが見えたよ
 【顔文字劇場】
ギィコギィコ
(*゚ー゚)ノ\彡ミ彡ミ

オォ   ※※※※
(*゚∇゚)>あれは、
雲かな?
なんだ、波か!

(*゚ー゚)>風流だねぇ

と思ったら…

ミミミミミミミミミミミミミ
\(゚◇゚;\津波だった
 ギャー!

--------------------

白波と言えば、

▼_(゚∇゚*)さつま白波
  まま一杯!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ