顔文字百人一首<No.078>
 
 
 【No.078】
淡路島     (あわじしま)
通ふ千鳥の  (かようちどりの)
鳴く声に    (なくこえに)
幾夜ねざめぬ (いくよねざめぬ)
須磨の関守   (すまのせきもり)
 【作者】
源兼昌 (みなもとの・かねまさ)
※性別:男性

源俊輔(としすけ)の次男。
 【意味】
淡路島から毎晩飛んでくる千鳥の
物悲しい鳴き声のために、
何度、夜、目を覚ましたことだろう。
この須磨の関所の番人は。
 【顔文字劇場】
ヘΣT)ヘチッチッチッ

    (○_○)パチ!
    やまかしい鳥だ!
    寝れないじゃないか!

──────────────

    d(゚∇゚*)千鳥って、
    チッチッチッって鳴くから、
    チドリって言うのかな?

(-_-)"b"チッチッチ
多く群れをなす鳥
だから

──────────────

    ウィ〜 ヒック!
    今日は酔っ払ったぜ!
    ヨロ〜(゚◇゚*)〜ヨロ

(;-_-)ゞ
それは、千鳥足!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ