顔文字百人一首<No.079>
 
 
 【No.079】
秋風に      (あきかぜに)
たなびく雲の   (たなびくくもの)
たえ間より    (たえまより)
もれいづる月の (もれいずるつきの)
影のさやけさ   (かげのさやけさ)
 【作者】
左京大夫顕輔 (さきょうのだいぶ・あきすけ)
※性別:男性

藤原顕輔 (ふじわらの・あきすけ)のこと。
藤原清輔(きよすけ)の父
 【意味】
秋風にたなびく雲の切れ目から
漏れてくる月の光は、
なんて明るく澄み切っているんだろう。
 【顔文字劇場】
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡
※※(_ _)※※※※※※ すやすや♪

    \(゚◇゚メ)/お月さん
     はよ出んかーい!
     ひきこもってんじゃねーよ!

  ゴゴゴゴゴ〜
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡
※※(OへO#)※※※※※※ うるさい人間だな!
     ミミ
     ミミミ
      <(゚∇゚*)> わぁ〜
     なんて明るくて
     澄みきった月の光だろう♪
     心が洗われてくる…

──────────────────

彡彡彡彡彡彡彡彡彡
※※●※※※※※※
   ミミ
   ミミミ  雲の切れ目から漏れる
        明るい月の光を浴びながら

    さぁ、今日ダイブ! (左京大夫)
     ε=(┓*・∀・)┓ミミミミ
     ミミミミミミミミミミミミミミミ

(;-_-)b 意味がダイブ違うぞ!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ