顔文字百人一首<No.081>
 
 
 【No.081】
ほととぎす   (ほととぎす)
鳴きつる方を (なきつるかたを)
ながむれば  (ながむれば)
ただ有明の  (ただありあけの)
月ぞ残れる  (つきぞのこれる)
 【作者】
後徳大寺左大臣 (ごとくだいじの・さだいじん)
※性別:男性

藤原実定 (ふじわらの・さねさだ)のこと。
藤原公能(きんよし)の長男。
 【意味】
ホトトギスが鳴いた方角を眺めたけど、
その姿は無く、
ただ明け方の月が空に残っているだけだった。
 【顔文字劇場】
ε=へ(^>へ テッペンカケタカ♪


    <(゚∇゚*)三(*゚∇゚)> あれれ?
    ホトトギスが鳴いた気がしたんだけどな。
    見えるのは月だけか…

──────────────

    (* ̄∀ ̄)b ホトトギスはね、
    テッペンカケタカ♪
    って鳴くんだよ!

へ(^>へ てっぺん禿げたか♪

    <(T◇T;)> ヤメロー!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ