顔文字百人一首<No.090>
 
 
 【No.090】
見せばやな   (みせばやな)
雄島のあまの  (おじまのあまの)
袖だにも     (そでだにも)
ぬれにぞぬれし (ぬれにぞぬれし)
色はかはらず   (いろはかわらず)
 【作者】
殷富門院大輔
(いんぷもんいんの・たいふ)
※性別:女性

藤原信成の娘。
後白河上皇の皇女である殷富門院(いんぷもんいん)に仕えた。
 【意味】
あなたに見せたいわ。

雄島の漁師の袖さえ、
毎日水に濡れても色は変わらないというのに、

わたしの袖は、
悲しみの涙で色がすっかり変わってしまったのを。
 【顔文字劇場】
(σ∇σ)ノ凹ほら!
見てよ!
涙ですっかり
色が変わっちゃった

    (・_|襖|
    家政婦は見た。。。
    彼女が、袖を染めている所を!

(*σ∇σ)ゞばれたか!

────────────────

(-_-)ヾ(゚∇゚*) ねぇねぇ
    漁師の服って、
    袖は無いと思うんだけど!
    漁をするときに邪魔だし!

(-_-;)ゞ細かいな〜
袖のある服を着る漁師も
中にはいるんじゃないの?
冬は寒いだろうし…

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ