顔文字百人一首<No.094>
 
 
 【No.094】
み吉野の   (みよしのの)
山の秋風   (やまのあきかぜ)
さ夜ふけて  (さよふけて)
ふるさと寒く (ふるさとさむく)
衣うつなり   (ころもうつなり)
 【作者】
参議雅経 (さんぎ・まさつね)
※性別:男性

藤原雅経 (ふじわらの・まさつね)のこと。
飛鳥井(あすかい)雅経。
父は藤原頼経。
 【意味】
吉野の山から秋風が吹くとともに、
夜も次第に更けてきた。

昔、都があったこのあたりは、
衣を打つ作業の音が
寒々と響いて聞こえてくるよ。
 【顔文字劇場】
  アヒャヒャヒャ       ハァハァ
  (*゚▽゚)/~~~~~~☆ピシ!o(~∀~*) モット〜♪

(;-_-) 違う違う!
衣を「打つ」のは、ムチじゃなくて、
砧(きぬた)という木づちで打つんだよ。

    コーン♪
(*-_-)_中(;゚◇゚)ノ イッター!
空っぽだからいい音しますなぁ〜

(;-_-) じゃなくて…

(*-_-)_中[衣][衣]
     カンコン♪ カンコン♪

   (*゚∇゚)_中||||| キンコンカンコンコーン♪
     おめでとうございます。合格です!    

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ