顔文字百人一首<No.095>
 
 
 【No.095】
おほけなく    (おおけなく)
うき世の民に  (うきよのたみに)
おほふかな   (おおうかな)
わがたつ杣に  (わがたつそまに)
墨染の袖    (すみぞめのそで)
 【作者】
前大僧正慈円
(さきのだいそうじょう・じえん)
※性別:男性

慈円(じえん)
比叡山の僧。
関白藤原忠通(ただみち)の子。
九条兼実(くじょうかねざね)の弟。
 【意味】
身の程を知らないと言われるかもしれないけれど、
このつらい世の中を生きる人々の上に、
覆ってみようと思う。

私が最近住み始めた比叡山の僧衣である
黒染めの衣で。

人々の為に祈りたいのだ。
 【顔文字劇場】
さてさて、
この人たちを黒い布で覆ってみましょう!
(*゚∇゚)ノ■■■■■■
     (・_・)(・_・)(・_・)

布をはずしてみたら
(*゚∇゚)>バッ!

見事消えました!
(*゚◇゚)_この通り!

(*゚ー゚)\(-_-;) コラコラ
    人を消してどうする?

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ