顔文字百人一首<No.096>
 
 
 【No.096】
花さそふ     (はなさそう)
嵐の庭の     (あらしのにわの)
雪ならで     (ゆきならで)
ふりゆくものは  (ふりゆくものは)
わが身なりけり  (わがみなりけり)
 【作者】
入道前太政大臣
(にゅうどう・さきのだいじょうだいじん)
※性別:男性

藤原公経 (ふじわらの・きんつね)のこと。
西園寺の家名を興した人物
 【意味】
桜の花が散るのを誘うように
嵐が吹く庭では、
まるで雪にように花が舞い散っていくよ。

でも、降ってゆくのは、
年老いて行く私自身でもあるのだ。
 【顔文字劇場】
彡 ビュー ビュー 彡
☆☆☆\|桜|/☆☆☆
☆☆☆\|桜|/☆☆☆
ミ☆ ☆彡 ミ☆ ☆彡
  ミ☆ ☆彡 ミ☆ ☆彡
ハラハラ ハラハラ

<(T◇T)> あぁ〜〜
散っていく
散っていく

桜とともに
私が散っていく〜

     d(゚∇゚*) 人間、
     散り際が大事だよ♪

(T_T*) フン!
そんなの、
言われなくてもわかってるけどさ

     d(゚∇゚*) 童話風に言えば、
     散る散る満ちる♪

\(T◇T)/散っていくのは、
やっぱ嫌だぁー!

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ