顔文字百人一首<No.097>
 
 
 【No.097
こぬ人を     (こぬひとを)
まつ帆の浦の  (まつほのうらの)
夕なぎに     (ゆうなぎに)
焼くや藻塩の  (やくやもしおの)
身もこがれつつ (みもこがれつつ)
 【作者】
権中納言定家 (ごんちゅうなごん・ていか)
※性別:男性

藤原定家 (ふじわらの・ていか)のこと。
藤原俊成(ふじわらの・しゅんぜい)の子。
 【意味】
いくら待っても来ない人を
なお待ち続ける私は、
松帆の浦で夕なぎの頃に焼く
という藻塩のように、
身を焦がされるほど恋焦がれて、
恋し続けているんですよ。
 【顔文字劇場】
あの人は、
いくら待っても
<(TーT*) 来ないなぁ〜

 藻塩のように
 焼かれてます
 恋焦がれてます
 身を焦がしてます

 ファイヤー!
炎\(T∇T;)/炎 
 アヂヂヂヂ

涙から塩できた!
(;T_T)/[塩塩塩]
これ、どうしお〜

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ