顔文字百人一首<No.100>
 
 
 【No.100】
ももしきや     (ももしきや)
古き軒端の    (ふるきのきばの)
しのぶにも    (しのぶにも)
なほあまりある (なおあまりある)
昔なりけり    (むかしなりけり)
 【作者】
順徳院 (じゅんとくいん)
※性別:男性

順徳天皇(第84代天皇)のこと。
後鳥羽天皇の第三皇子。
承久の乱で敗れ佐渡に流される。
 【意味】
宮中の古びた軒の端に生えている
しのぶ草を見るたびに、
しのんでもしのびきれない程はるか昔の、
朝廷が栄えていた頃に、
思いをはせてしまいます。
 【顔文字劇場】
昔の宮中に思いを
はせてみましょう!

   (゚ー゚*)。oO○モモシキ、モモシキ…

モモヒキィー、モモヒキ♪
   凹\(゚∇゚)/凹
  宮中の貴族もはいている
  上等のモモヒキ
  いらんかえ〜?

←顔文字百人一首・トップページ
←顔文字ナビ・トップページ